ご希望のガスコンロはこのWEBサイトで!ガスコンロ業者比較.com

TOP > ガスコンロ情報 > ガスコンロの良いところは既存の調理方法と調理器具

ガスコンロの良いところは既存の調理方法と調理器具

家庭にある台所のコンロはガスコンロとIHなど電気式コンロの2つに大きく分類されます。
このうちガスのコンロに関しての良いところは既存の調理方法と調理器具が使えることにあります。
というのは電気式コンロで近年普及してきているIHコンロの場合は天板自体に調理器具が常に触れていないと熱が伝わらない仕組みになっています。
そのため調理の際に中華料理のように鍋やフライパンをゆすったりする行動をすることができません。
また餅を焼いたり海苔や魚をあぶったりすることもできません。
言い換えれば味を究極に追求するレストランなどの調理場には向かないことを示唆しています。
しかしガスの場合はその制限がありません。
もう1つの使用する調理器具に関してもIHでは熱伝導の関係上のため、土なべやアルミ素材の調理器具が使えません。
そのためIHに対応する調理器具を買いそろえるなどしないとなりません。
しかしガスの場合はその制限がありませんので既存の器具で対応可能となります。



ガスコンロの使い方を知っておこう

今や携帯電話、スマートホンなど通信機器は人々にとって欠かせない機器となっています。
もし、ガス、水道、電気が急に使えなくなったら、まず困るのが人との連絡手段かもしれません。
若い世代の方は公衆電話の使い方を知らない方も多いそうですから、それを知っておくだけでも何かの時に役立つでしょう。
日常生活でも例えば、停電になればブレーカーが落ちていないか確認しますがガスコンロを使う時、火がつかなかったらどうでしょう。
急なことで焦るかもしれませんが落ち着いて確認をすることが大切です。
元栓が閉まったままになっていないか、またコンロには乾電池を入れるところがあります。
電池が切れていると火が弱かったりすぐに消えます。
次にバーナーキャップがずれていないか確認してみましょう、掃除をした時に何らかの拍子にずれることもあります。



ガスコンロの定期的点検とリフォーム

火災の原因の心配もあるので、ガスコンロの定期的点検をおすすめします。
点検と同時に、進化されたガスコンロへのリフォームもおすすめです。
近年は、IHコンロも普及されていますが、ガスコンロのメリットはたくさんあります。
まずは、火の加減ができることです。
揚げ物を料理する場合は、温度設定もできます。
料理によって、170度の低温でゆっくり揚げるものや、200度で素早くカラッと揚げるものもあるでしょう。
また、時間の設定もできます。
煮物やシチューなどの煮込み料理に活用できます。
グリルも多機能です。
焼き魚はもちろんトーストや野菜焼きなど、料理に合わせて調理できます。
ヒレカツなどの本来なら揚げ物の料理もパン粉を付けて油を垂らしてグリルで焼けば、大幅な油がカットされるのでヘルシーかつジューシーです。
上手く活用して、料理の幅を広げてみるのも良いでしょう。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る