ご希望のガスコンロはこのWEBサイトで!ガスコンロ業者比較.com

TOP > ガスコンロ情報 > ガスコンロを利用するメリットとIHとの違い

ガスコンロを利用するメリットとIHとの違い

 加熱調理をする器具として、ガスコンロがあります。最近はIHクッキングヒーターが登場して、オール電化の家庭などでは交換をしているところもあるようです。登場した当初はいろいろ問題点なども指摘されていましたが、徐々に問題点も解決しているようです。
 ではガスコンロが壊れたらIHを導入した方が良いのかです。一応どちらにもメリットとデメリットがあるので、それをきちんと理解してから導入を決めた方が良いでしょう。IHも万能ではないので、すべての点でガスコンロより優れているわけではありません。いろいろ見ていると、ガスコンロの方が有利なところもあります。

 ガスコンロとIHとの違いは、まずは使っているエネルギーが異なります。ガスコンロはガスを使います。IHは電気を使います。そのため、それぞれが使えないときには使用ができなくなります。ガスコンロを利用するメリットとして、停電の時でも使えることが挙げられます。
 日本は先進国ですから、停電は災害や落雷の時ぐらいと考えられていました。しかし、電力供給不安があり、場合によっては計画停電などで電気が止まる場合があります。その時はIHは使えません。ガスコンロは電気は無関係なので使うことができます。ガスは地震などで無ければ止まることはありません。

 ガスコンロの場合、フライパン、鍋、いろいろな調理器具を使うことができます。一方、IHは利用できる調理器具が限られています。設置していればよいわけではなく、鍋などの素材が一定のものでないと熱を発生してくれません。
 最近はIH対応のものも増えていますが、これまでガスコンロを長く使っている場合、それらの調理器具をすべて処分しないといけなくなるかもしれません。ガスコンロの場合は、IHで使えるものも使えるので、汎用性は高くなります。
 同じようなタイプであればガスコンロのみで使えるタイプの方が安く、フライパンも軽い場合が多いです。ガスコンロの場合、鍋を振って調理をすることがあります。均等に炒めたいときなどに良く行います。その他、中華料理などでも熱い熱をくぐらせる目的で鍋を振ります。
 IHの場合は、ガスコンロのように鍋を振ることはできません。ガスコンロで行うような調理をするとき、鍋を平行に動かす必要があります。その時もあまり激しくは動かせません。できるだけ箸などを使って混ぜなければいけません。ガスコンロで食材を混ぜるのに慣れている人なら、使いづらいと感じるかもしれません。その他、するめを炙ったりするのもガスコンロはできますがIHではできません。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る