ご希望のガスコンロはこのWEBサイトで!ガスコンロ業者比較.com

TOP > ガスコンロ情報 > ビルトインとテーブル式のガスコンロの違いは

ビルトインとテーブル式のガスコンロの違いは

ガスコンロは形状的にはテーブル式とビルトイン式の2種類に分けることができます。
このテーブル式とビルトイン式はキッチンの設備次第でどちらになるかが決まります。
従来はテーブル式コンロしか置けないようなキッチンが大半でしたが、今頃の新築住宅では大半がシステムキッチンとなっていて、ビルトイン式コンロを置くことが前提となっています。
そのためビルトイン式コンロを置くことを前提としている台所の場合は、テーブル式コンロを置くことができません。
そのテーブル式コンロとビルトイン式コンロではそれぞれ一長一短があります。
テーブル式コンロの場合は、それ自体が軽量安価にできていて、1人でも楽に運ぶことができます。
ただしコンロ周辺にどうしても隙間がたくさんできるので、コンロ自体だけでなく、その周辺部分、特にガスホースを含めた部分も毎日毎回洗剤で慎重に掃除をしないと見た目が汚くなってしまいます。
対してビルトイン式コンロの場合は、その隙間をぴったり埋めてくれるので、掃除はコンロ自体だけで済ませることができます。
特にビルトイン式コンロで高価な部類に入る天板材質がガラストップの場合は天板部分の掃除が楽になります。
ただし高価で10万円を超えてしまうこと、そしてその取り換えは重労働で業者に頼まないとならないなどの欠点が発生します。



ガスコンロをお得な価格で購入するには

毎日の生活においては一日三度の食事を行って体の維持に必要なエネルギーを各種食材から摂取しています。
これらの食材を煮たり焼いたりして調理する際にはガスコンロを利用しています。
このガスコンロには様々なタイプが有りまして、例えば一人暮らし用には一口タイプのコンロを購入するケースが多く有ります。
家族で利用する際には、複数のバーナーを備えたコンロが多く利用されます。
また魚を焼く事の出来るグリルを備えたタイプも多く購入されます。
また最近はシステムキッチンとセットでビルトインタイプを購入される方も増えています。
これからガスコンロの購入を検討される方においては、インターネットの比較サイトを活用する事がお勧めです。
ここではコンロの仕様など希望条件を入力して検索しますと、各業者の販売価格を比較する事が出来ます。



ガスコンロを一人住まいで用意するなら

調理はもとより、ガスコンロはお湯を沸かすのにも必要になりますが、それほど自炊をしない単身世帯の場合、一般的なガステーブルでは機能を持て余すこともあります。
値段もそれなりにしますから、もっと安い物はないか、と探す場合があるかも知れません。
もしもそんな時は、1口タイプのガステーブルがおすすめです。
通常のガステーブルは火口が2口ですが、1口タイプならその半分で済むうえに魚焼きグリルも省かれており、値段もかなり安くなっています。
一般的なガステーブルから1口分だけを切り出したようなガスコンロのため、大概5千円前後で購入できます。
安ければ3千円台でも売っていますから、リーズナブルに入手できるのが魅力です。
サイズも非常にコンパクトですので、台所が狭いアパートなどでも余裕を持って置けるのも嬉しいメリットになります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る